自分の作品を作って売る事も出来る

皆さんがよくやる趣味の一つにあるのが、裁縫です。
ぬいぐるみを作ったり、カバンを作ったり、洋服を作ったり、売っている洋服を直したり、刺繍をしたりと色々あると思います。
専門学校に通ってその道のプロを目指す人もいたり、教室に通って勉強したり、趣味の範囲でやる人もいるのではないでしょうか。
裁縫には洋裁と和裁があり、洋裁は洋服などを作る方法で和裁は着物や浴衣などを作る事です。
和裁はとても難しい為に、専門学校や教室などで習わないと、出来ないのではないでしょうか。
ミシンを使ってやる人もいれば、手縫いですべてを仕上げる人もいると思います。
最近のミシンは、刺繍を細かく出来たり、インターネットを利用してキャラクターが縫えるのもあり、見ているだけで楽しくなってくるのです。
自分が作った作品を誰かにプレゼントしたり、喜んでもらえるともっと作ってみたくなります。
作品が沢山出来上がれば、バザーやフリーマーケットなどで売る事が、出来るかもしれません。

お裁縫とはあまりにもシンプルなもの

裁縫とは、布を裁断して縫い合わせ、ある形に仕上げるというあまりにもシンプルなものです。これは実は人に限らず、その名も裁縫鳥という鳥は、嘴で器用に木の葉を蜘蛛の糸や植物繊維で縫い付けて、巣を作ってしまいます。人が衣服を纏うようになって以来、機織りと裁縫は長い歴史を重ねてきました。しかしミシンの発達こそあれ、そのやり方にそれほど大きな変化はありません。もちろん生地の選び方や使う糸や針の種類によって、出来上がりは異なります。またスーツやドレス、あるいは着物など、プロに仕立ててもらう方が無難かもしれませんが、自分で縫って縫えないことはありません。洋裁や和裁を教えてもらえる教室もあちこちにありますし、生地を売っているお店などでもセミナーを開いていることがあります。ミシンで縫えば簡単なシャツなど、数時間で出来てしまうものです。そのためには生地を作りたいもののパーツごとに裁断する必要がありますが、そのための型紙も充実しています。あるいは自分が着たいものをイメージして、自分をモデルに様々な長さを計って生地を裁断すれば、あとは縫い合わせるだけでオリジナルの出来上がりです。そもそも一昔前であれば、どんな家庭でも女性が繕いものをしていたものです。最近は安くておしゃれな衣料品がいくらでも買えますから、針と糸を手にする機会は少ないかもしれません。しかし例えばボタンが取れたり、裾がちょっと綻びた時には、針と糸を取り出して繕っておけば、案外長く着ることができるものです。

Favorite

札幌のリサイクルショップで高価買取
http://www.recyclemart-hiraoka.com/
カーテン スタイル
http://www.c-deco.jp/
かわいい韓国子供服
http://www.hopping-shop.com/
スカイプ掲示板で友達探し
http://sagaasu.net/skype/
塗料の通販サイト
http://www.tosou-ya.com/

2015/4/24 更新